薬を飲んでいる女性
頭を抱える女性

女性であれば一度は経験したことのあるカンジダ。性器部分の強い痒みが特徴で、症状が悪化してしまうと赤く爛れてしまったりしまいます。症状が悪化してしまうと常に性器が痒い状態になり、日常生活にも支障が出てしまうのです。

カンジダの原因のカンジダ菌は皮膚や体内に存在している常在菌のひとつ。実は女性の膣内には沢山の常在菌が存在しています。それぞれバランスを取り合って存在していて、膣内にはデーデルライン桿菌と言われる乳酸菌がデリケートゾーンを清潔に保ってくれています。それがデリケートゾーンに何らかのきっかけがあると異常増殖してしまい、症状が出てしまうのです。

そのため女性の場合には感染経路は自己感染であるケースが多いです。菌が異常増殖するきっかけとして多いのが免疫力が低下することで、免疫力が低下してしまうとデーデルライン桿菌が減ったりカンジダ菌が異常増殖してしまったりします。特に生理の時や仕事で疲れている時、風邪を引いている時は免疫力が低下している時なので注意が必要です。

他にも抗生物質を服用している時も発症するリスクが高いです。抗生物質は狙ったものだけではなくデーデルライン桿菌のような善玉菌にも効果があるため、常在菌のバランスが崩れてしまうのです。そうするとカンジダ菌が優勢になってしまい発症してしまうことも。

男性の場合には女性のように自己感染することはありません。そのため感染経路は発症している部位との直接接触に限定され、性行為が主な感染経路になります。男性器は女性器と違って粘膜ではなく皮膚で覆われているので、菌が付着しにくく増殖しにくい環境です。しかし包皮で覆われている部分は菌が溜まりやすく、湿っているので菌が繁殖するのに適した環境です。そのため亀頭部分に症状が出やすく、かぶれたようになりやすくなります。

カンジダは性器だけではなく口腔でも発症することがあります。前述したようにカンジダ菌は皮膚や腸内等様々なところに存在している常在菌です。発症している人とのキスやオーラルセックスが原因と思いがちですが、実は自己感染が感染経路になります。免疫力が低下すると発症しやすくなってしまうのです。

性行為でも感染していくのでカンジダを性病と捉えがちですが、実際には自己感染が感染経路の原因ナンバー1。どちらかというと皮膚病という風に捉えた方が正確です。性病科では周りの目が気になる場合には性病科ではなく婦人科や皮膚科に行くのもおすすめです。